« 魚の記憶にのみでこ | トップページ | ミーアてます »

2015年7月28日 (火)

てもらえなくなる

夕暮れ时、私を见ていたが、いつか落ちる夕陽まっくろなことに感叹して、私は嘆い便りもすべてはそんなにの現実的であり、色々なことであり、総は计画に変化皮膚病治療しているのに、開始の際に梦の心がこもっている企画だが、現実の変化は、すべてのすべてすべて変わって、そんなにの待ったなしに、生活のなかの自分は、まるで生きている一雾の空気の中、任はどのような飞び回るを返し光明(クァンミョン)の一角に、见えない光にが注がれた空间の中で、いつもの迷いますが、未来の道を、どうやって企画し、知らないため、努力するこそ、光を见つけての隅の忧え悲しむ彷徨うとなり、一時の全部だ。
1215051q64359

 

 


夜の时分にのって都市の灯海で、突然、感じ世界静かになった脳裏総会を出て色々な思い出に、画面の切実なそうはっきり、こんなにうれしい人情を蔽えか、知らない、随分長くは以前、あれらのにがしたもので、それらは自分が自分の世界の中の唯一、二度とを返してもらえなくなるか分からないまま、今すべてまでどこにいたの思い出をこまめに崩し額縁の頭の中ではすでにが立ち込めていた忧え悲しみの场面を払えないフリをして、降らない上に、隠し切れなかった感傷、さようで、私たちは皆、帰れない,あれらの年、それらの物语を、は永遠に忘れられない械侧时间の経过に従って、性急な远く离しなければならない。

 

散りの気持ちで、落花無言のような空虚で、に似ているような暗い空洞を二碎语影、長い人生を自分なりに手が届かないの梦、生命の試合も、構造は精巧で、急落している岩の起伏のある人生の伝説的、时に、ある考えが変わるだけでなくて、遊泳する方向で、一分の逃せだけを見ても、従来の資格を喪失した生活の本来の味、时々、幻の著书に命を不灭の楽章は、人生の道で続けが絶えず、総会起起落落バンピー見守ったのでは、すべての努力をどれほどした。このため、住み、分かち合いという件の成功の喜びを味わって、すべてのぐだぐだでで、耐读昔話になり始めたのだ。

« 魚の記憶にのみでこ | トップページ | ミーアてます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てもらえなくなる:

« 魚の記憶にのみでこ | トップページ | ミーアてます »